スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中止です。

残念な天気ですよね。
雨は何とかと言う所ですが、雷となれば話しは別。
お客様の安全上の確保と言う事で、波・雨に関わらず中止と致します。
土日の中止は痛いですよね。
天候回復次第に新たな海に期待したいと思います。
そろそろジグ・カブラプランも期待出来そうですよね。
水温の異常上昇による海の遅れが、9月の期待となる事でしょう。
スポンサーサイト

メタルルアー3点のみ出品しましたよ。

新たなるカラーバリエーション完成品3点のみ、オークション出品しました。(こちら)(こちら)(こちら)です。

他の3点はB品と言いましたら、全て事務所で完売しましたよ・・・なんか悲しい。

DSC03540.jpg

出来たけど

昨日はヒラメと言うので、頑張って行きましたが駄目でしたねぇ~。
マックスピークに疲れております。

試作のカラー色々作っておりますが、技術的には何とかなりそうですが、今の所製品完成率は5割なのでB品で出品しないと損しちゃいますよね。
でも並べてみると目には面白いアイテムに仕上がっていると思います。
工程が長い程に、最終的仕上がりって所は多少妥協してもらわないといけません。
なぜなら金属であるが為の「炎のアイテム」だからです。
①鋳造時の溶解時における気泡が一部残る。
②溶接は完全気密をするため、溶接後更に熱湯に漬け検査する。
③メッキ時焼き付けで150度で再度熱を浴びる。
つまりどんなピカピカ研磨も度重なる灼熱を浴びて完成するので、母体が嫌がおうでも荒れ気味になってしまうのです。

ヤフオクなどで出品していますが、失敗した材料代を埋める程度と言う疲れる裏方の努力があって完成しているのであります。
写真の品もこれからギリギリセーフ的な3個しか世に出せません。
難しい事を簡単にする努力で皆様のニーズに答えて行きたいと思います。

でも写真的には楽しいでしょ! 私もそう思います。DSC03536.jpg

それではいきますよ~

メタルルアーのカラーグラフィックに再度挑戦する手前です。
ハイテクのセラミックメッキで工夫する事で、新たなるカラーバージョンが出来るかなぁ~。
ストロボカラーもマスキング無しで加工する技術にも挑戦します。
完成をお楽しみに。

涼しくなりましたね。

秋風と言うしかない位に涼しい風となりました。
これから涼しくなればなる程に、風は密度を増して波と連動して来る様になります。
夏風と冬風では倍位の力加減になるんですよ。

私はパラグライダーのパイロットライセンスを持っているので、風と言う意味でも一般人よりは幾らか勉強させられている経験があります。

魚が活性化して来ると波にやられて出港中止なんて事も多くなります。
ましてや、今年の様に水温が3度も高いと、秋の水温低下スピードと言うのは、1度=一週間、つまり3週間遅れている勘定になりますよね。

青物の期待も高まる中で、あまり良い環境とは言えませんねぇ。
そんな中でもそろそろ狙いたいと言う方も多くなり始め「やってみよう!」的な・・・。
現在の能代沖の青物サイズはヒラマサ1-2キロ・青物3-4キロアベレージです。
良い日悪い日はありますが、どんどん挑戦してみては。

おはようございます。

あさっては某テレビ局の日中ヒラメ釣りの取材がありまして、今日あたりから準備しようかと思っております。
しばらく日中ヒラメ釣りはしていないので、ある意味ぶっつけ本番と言う感がありますが、昔からするとこれ程にしつこく頑張った釣りもない位にやった釣り種でもあります。
例年通りと言う環境では無いのは、よく知る所。
色々な船にも聞いていますが、船中1-2枚と言う所から7-8枚と言えば大漁とか。
数を優先するべきか、サイズを意識するべきか、頭デッカチでスカしてしまわない様に注意ですよね。
昔のヒラメの神様復活となればと思っていますよ。
それなりに楽しみですねぇ。

メタルルアーは現在2個出品中です。
シルバーモデルはこれが最近では最後の生産となります。
現在はカラーモデルを生産していますが、何せ一日1個程度の品なもので・・・。

2個だけ出品しました。

メタルルアーをあれから2個だけ生産しました。
オークションリンク貼っておきますので、ご利用下さいね。
(ここからリンク)
DSC03532.jpg

水温なんだろうね。

全国的に水温が高い状態からのゲリラ雷雨とか。
海水魚と言うのは一日で水温が4度以上変化すれば死ぬと言われています。
昔南国を訪れていた時に、異例に寒い時があって、現地の老婆がこんなに寒いと魚が死ぬと言っていた記憶があります。
実際浅瀬の魚が死んでいた意味が今になって分かった事であり、始めは何言ってんだと思った次第です。
水温につけ、自然がおかされると言うのが身近な環境になって来ましたね。
川水が大量過ぎても、海はペーハーショックと言うのがあり、酸・アルカリのバランスが崩れ魚の活性を崩す可能性も、私は海水魚を事務所横で飼育していたので良く分かっています。
年々人間の思い通りに行かない海が目の前にあり、自然の隙間隙間で釣らせる事も難しくなりましたね。
どこかの反動で大釣りなんてふうに行けば良いのですが、研究しなくてはいけませんよね。

出来た

DSC03535.jpg
イヤラシイでしょ。
それなりの出来ですねぇ。

インナーウェイト試作

DSC03534.jpg

ご好評を頂いておりますメタルルアー。
まだまだ色々な可能性を調査するべく
今日はインナーウェイトプラス50グラム品を試作しておりました。
骨のおれる仕事です。
そうでなくても、日産1個の生産量なのに、これは2日も掛かりそう・・・。
それもメタルルアーならではの、姿勢が安定した中でのウェイトアップなので、中空部分を残さなくてはなりません。

これはキャスト用と言うよりは、ミニジグ代わりを意識してtotal100グラムと言う使いやすさを追求しています。
実際のカブラなんかでも、潮が速い時は40-60グラムと言う訳にはいかない場合も多いですからね。
ルアー性能をギリギリ残して真鯛を狙いたい、そんな欲張りな発想に答えたいと思うも、コンパクトで重く、ルアー性能を残す事って難しいですよね。
そんな訳で販売しない事にしちゃいました。
これは私のテスト用・・・更に赤金ストロボメッキで現在焼き付け中。
おべっか使われても、当分作りませんからね~。

明日は中止しましたよ。

頑張って行くには価値がないと判断しました。
島もテリ場ももぬけの殻・・・。
せめて波でも無ければ、楽しいだろうに、売上げも大切ですが信用が一番ですから中止と致しました。
皆さんご理解の程宜しくお願い申し上げます。
こんな海、2日間なんて船長が持ちません・・・。

メンバー詳しくは自動配信にてお知らせします。

昨日の島

上り潮が大きく場を悪化させていました。
南下した前線の影響で、テリ場も島も上り潮。
いつもと違うのは真鯛もマグロも一緒でしたね。
それでも早い事ナブラを見つけてキャストでヒットするも、私と同じ縦糸切れでパァ・・。
一度しか確定的チャンスは無かったのですが、30-50キロ台が背で切るナブラでしたよ。
ともかく皆さんのルアーが飛びません・・・。
ショックリーダーが太すぎるのです。
60-70ポンドもあれば充分ですからね。
100ポンド以上のショックリーダーどうするの・・・頭でっかちな釣りは想像だけにしておいてね。
飛べば幾らでも獲れるのに・・・残念としか言いようがありません。
ルアーのせいより、システムのせいです。
PEラインも5号もあれば充分、一度喰ったら走らせてから獲る、ドラグもそれから絞って始めはゆるゆる位でオッケーですよ。
またヒット後の変な合わせ(人間の身勝手な踊り)は不要です。
かえって針がフックアウトするシーンが良くあります。
むこう合わせでジリジリとやるのがベストですよ。
丈夫な針で刺さらないそれこそが問題です。
何のために精巧なスピニングリール使っているか、疑問な時もありますよ。
オールザピーポー釣らせるのが私の役目、熟練者も初心者もそんなの関係ありません。
釣らせて、釣ってナンボのお仕事なので、多少だまされたつもりで従ってね。
2-3回も来れば貴方も釣れるはず。

メタルルアー5個出品しました。

お待ちどう様です。
ヤフオクにメタルルアー出品しました。
今回は5個の出品となります。
是非ご利用下さいね。
(ここから直接リンク)

DSC03533.jpg

生のアイ誕生

ダルマの目入れみたいに、透明赤色樹脂の中に黒目が入っておりますよ。
イワシディンプルも黒でコーティングが出来ました。
研磨出来る位に丈夫な樹脂ですよ。
色々つかえそう・・・。

DSC03531.jpg

生のアイ製作への挑戦

静かにしていると、更なる実験実験をしております。
今回はメタルルアーに市販のレッドアイの様な事がハンドメイドで作れないか試作をしておりましたよ。
コンセプトは付けたい所にオーダーメイドのレッドアイと言う所でしょうか。
この技術は来年までに、モデルを増やしたトビウオ仕様の羽のグラフィックに生かされるベースの技術になる予定なんですよ。
生めかしいトビウオの羽が出来ればよりリアル感が増しますからね~。
一般的にはシールなどで、皆さん工夫されている様ですが、ここのラボは一味もふた味も違いますよ。
そんな手製のアイが出来たらまたアップしますね。

本日は姉妹船がテリ場へ行っております。
互いに情報共有していますので、皆さんのお役に立てる釣果がお約束されております。

おはようさん

DSC03523.jpg

天気悪いですよね。
ここ能代は朝方から大雨、まさかもう秋だよなんて言わないで欲しい位の季節の切れ間を感じてしまいます。
東北の夏は始まったばかり、夏は長い方が良いですよね。
でも秋はお魚さんも脂の乗る季節、どんな魚も美味しくなって来ます。
食卓でベストワンの一匹で盛り上がって頂く為にも頑張ります。
次回22日チャーター出船予定です。

8-9月は真鯛の季節

そろそろテリ場もお魚いっぱいの季節になりますよ。
島では、はしりの大ぶり狙いやら、ハズレでも嬉しいヒラマサ入れ食いなんてシーンにも突入します。
テリ場が真鯛で盛り上がると、その魚種だけかと思いきやマグロやブリも同時に入り混じる展開が、思わぬお土産となり充実してまいります。
本来のテリ場のパワーと言うのは、こんな所が素敵と言う記憶をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
今の所、非常脱出レバー搭載してテリ場がダメなら島へ急行と言うプランをおすすめしています。
ヒラメは日中・電気釣り共に安定して来る季節でもあります。
9月テリ場の鳥山、そろそろですよ皆さん。
そんな時、ジグでもマグロが狙えますよ。

そしてオークションを予定していたメタルルアー在庫が本日完売してしまいまして、生産待ちとなりました。
急いで作りますのでお待ちお願い致します。
現在のモデルはイワシ仕様ですが、来年まではトビウオモデルと、70-80グラムモデルも追加する予定です。
今年はこのモデルで技術の安定に向けて、熟練したいと考えていますよ。
ほんの少しづつ、傾向と対策で改良しています。

乗合い募集

25日マグロ&真鯛の、乗合い募集開始しましたよ。
また22日あたり、海の様子は穏やかになりそうですね。都合次第の出船も考えています。
トローリングもしてみたいなぁ。
南洋式トローリングなので、ほぼバラシは無いのが自慢です。

シャレになりまへんて~

DSC03526.jpg

自己満足基準高すぎて、この中でストレートで商品になるメタルルアーは2個・・・。
エライ物作り始めてしまったかも~。
ロジウムメッキと言いましても、この合金に綺麗にメッキを掛ける事は極めて難しいのですよ。
メタルルアー本来の金属の輝きを感じられる仕上がりにはなっていますが、今日はオークションにも出品まで至りません・・・。
常連様のバックオーダーだけでもあと7個、理論上は2個出品出来る予定でしたが、残念・・・。

おはようさん

季節労働者だけに毎日出船とは行きませんよね。
今日も一生懸命にメタルルアー作っていますよ。
多く出来たらオークションにも出品する予定ですので、お楽しみに。
プロフィール

ブラックフィン船長

Author:ブラックフィン船長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
釣りブログ用カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。